上がり框【あがりかまち】



上がり框とは、段差のある部分の高い方の床に取り付けられる横木のことです。

かつては民家の土間と座敷の間などに使われましたが、現在では玄関などの上がり口に多く見られ、段差の度合いもバリアフリーの考えから小さくなっています。上がり框は、玄関を入ってすぐ目につくところに取り付けられるため、ケヤキなどの木目の美しい材が使われます。また、マンションでは大理石や御影石を使う場合も多くなっています。


◆SPONSOR LINK◆

  • 家作り ノート
  • 福岡 注文住宅
  • 愛知 注文住宅
  • 注文住宅 熊谷
  • 平屋 宇都宮
  • SUB MENU

    おすすめサイト