青地・赤地・白地・ドロ揚地【あおち・あかち・しろち・どろあげち】



青地・赤地・白地・ドロ揚地とは、現況は公図上に存在しますが、公図上で地番記載がない土地の呼称です。
青地は青線ともいい、河川や水路または河川などの敷地であった土地をいいます。
赤地は赤線ともいい、道路や道路の敷地であった土地をいいます。
白地とは、現況は宅地、農地、山林・原野ですが、公図上は着色されておらず、地番の記載がない区画です。

ドロ揚地とは、白地の一種ですが、水路の浚渫時に土砂を貯留する用地です。

これらの呼称は、字限図(あざきりず:明治初期の地租改正に際してつくられた地図)に着色された色に由来するものです。


◆SPONSOR LINK◆

  • 家づくり ノート
  • 大阪 一戸建て
  • 注文住宅 愛知
  • アルムの家 愛媛
  • 和歌山 注文住宅
  • 燕 平屋
  • SUB MENU

    おすすめサイト