アンボンド工法【あんぼんどこうほう】



アンボンド工法とは、床スラブにPC鋼材を通して強度を高める工法です。

アンボンド工法は、コンクリート部材にあらかじめ圧縮力を与える「プレストレスト・コンクリート工法」の一種です。

通常のラーメン構造のマンションでは、床スラブがたわんだり、振動しないように室内に小梁を設ける必要がありますが、アンボンド工法では小梁がない大床構造が可能となります。床スラブ内部にあらかじめ放物線上にPC鋼材を通し、引っ張る力を与えることによって、吊り橋の様な持ち上げ力を生じさせて床スラブのたわみを防ぎます。これにより、フラットですっきりとした住空間を実現でき、設計上の自由度も高くなります。また、長期的にたわみやひび割れを防ぐ効果も期待できます。ただし、床全体の振動や遮音性はやや落ちてしまうため、その分だけ床スラブは厚くなります。


◆SPONSOR LINK◆

  • エルテオホーム
  • 和歌山 一戸建て
  • 一戸建て 千葉
  • 戸塚 狭小住宅
  • SUB MENU

    おすすめサイト